biscUiT フリーペーパーを作るサークル! メンバーは東大女子だけ!

インタビュイー:金子美波さん(文三2年、医学部健康総合科学科内定)

        足立愛音さん(文一2年、法学部内定)

(写真向かって左金子さん、右足立さん)


 biscUiT(ビスケット)の金子さん、足立さんにインタビューさせていただきました! biscUiTは年に2回フリーペーパーを発行している団体です。女子学生比率が低い東大ですが、biscUiTのメンバーはなんと全員東大女子! biscUiTの魅力的な誌面づくりの秘密に迫ります。


記事づくりの苦労と楽しさ


ーさっそくですが、biscUiTの活動の中で金子さんが一番楽しいものを教えてください。


金子:

そうですね、記事のテーマ決めでしょうか。


ーどんな記事があるんですか?


金子:

私は読者参加型記事が好きで。お悩み相談とか小説だとか募集している記事があって。ビスケットの1つの特徴っていうのが、読者の方との距離が近いっていうことなんです。私も元々読者で 編集に入りましたし。


ーインタビュアーの私もインターンで雑誌づくりをしているんですが、正直めっちゃ大変じゃないですか、雑誌づくりって。


金子:

骨折りの作業がすごくありますね。やると分かる大変さっていうか。デザインとかだと、細かいところまで気にしなくちゃいけなくて。企画の面でも、市販の雑誌を読んでいて、すごいなと感嘆することが多いです。


―(カフェの紹介記事を見ながら)リード文みたいなのを書くのってすごく楽しいですよね。短い中でいかにそのページを読ませるかっていう。


金子:

そうそうそう! 人を惹きつける言葉をどうやったら見つけられるのか、みたいな。意外と短い文章の方が時間がかかったりしますね。価格とかも「安い」「高い」じゃなくて「手頃」「贅沢」っていう言葉を選んだりだとか。ちょっとした言葉選びも楽しかったりしますね。


持っていたくなる雑誌


ーwebメディアが昨今多いじゃないですか。私はなんとなく紙っていいなっていう思いがすごくあって。


金子:

すごくわかります。形に残るのが良いですよね。biscUiTも実は紙の質をちょっと良くしていっていて、手触りとかそういうのに結構こだわっていて。前の方の号は結構ペラペラなんですけど、だんだんちょっと分厚くなる。

ー本当ですね!

(左からvol.14 vol.15 vol.16)


金子:

なんというか、読むだけじゃなくて持っていたくなるような雑誌っていうのがいいなーって私は個人的に思っていて。自分が雑誌を買う時にも、最近だと結構書き手の人柄とか表現、中身がちょっと見えるような……好きな本とか映画とか、そういうのが書かれている雑誌を好むようになってきて。そういうのって流行り廃りないからずっと持っていたいって思うじゃないですか。そういう感じの雑誌を作りたいなっていう思いはありますね。

読者を広げたい


ーbiscUiTの読者の多くは東大女子ですよね。学外にも本当は読んで欲しいんだけどな……みたいなことをちらっと聞いたんですが、どうなんでしょうか?


金子: あ! その通りです。それで、今まで「東大女子のための」っていうキャッチコピーみたいなものがあったんですけれども、これを次から「東大女子が贈る」に変えようって私たちの代から決めて。もうちょっと広い読者層を想定して、内容はやっぱり東大女子の方が読みたいと思うようなものがメインなんですけど、もっと知ってもらいたいなって。そうやってマイナーチェンジをしたりしていますね。


ー具体的には誰に読んで欲しいですか?


金子:

そうですね…まずは東大の学内の男子学生の方。あと学外のかたにも読んでいただきたくて、東大女子にちょっとでも興味がある方みなさんに読んでいただきたいなと思っています。


東大女子だけのサークル ここから足立さんも途中参加!!


ーbiscUiTは東大男子を入れるつもりはないんですか?


金子:

その議論もね笑、実はサブタイトルを変える時に一緒に考えて。で、現時点での結論としては、入れない。入れないって言うとあれなんですけど、東大女子で活動していく、したい、しようねっていう。


足立:

そうだね、一応入れないっていう結論だよね。たぶん部員の中でも入れてもいいって思ってる子もいます。


金子:いる。


足立:

いるし、多分入れることを拒んでいる理由としては、別に記事の内容が変わってしまうとか編集の内容とかそういうのではないんだよね。例えば他の団体で女子の友達を作りづらかったとか、あと他のインカレサークルに入っちゃってちょっと居場所を感じなくて、みたいな人にとって、biscUiTは居場所になる、セーフスペース。そういう場所は東大には必要だと思っているから、それをを無くしたくない。こっちの理由なんですよね。


金子:

うん…多分記事の内容に関していうと、男子が入ってくれた方が今までにないアイデアが出てきて幅が広がるっていう可能性は、結構高いと思うんですけども。


ー男子が入ると雰囲気が変わるというか


足立:

biscUiTに入れ􏰄ば絶対に東大女子の友達はできる。別にどういう女子か分からないし、セクシャリティとかもいろいろあるだろうけど、でも東大女子っていうことは共有している人と絶対出会える、絶対友達になれる。


ー他大生ではなく、東大女子の友達がほしいっていうのは、どういう気持ちがあるんでしょうか


金子:

うーん、なんだろ……。多分、学内にいるって言うのが安心感があって。ちょっとしたことでいうと、一緒にお昼を食べる友達だとか、あとは悩みとか共有できる部分が大きいのかなってて思ったりして。


足立:

他大の􏰀友達が欲しくないってわけじゃなくて、全然。ただ、元々友達を作りやすい性格なのに、特にビスケットに入る前は東大に来て初めて会った女子とそこまで仲を深められていないっていうことに、深められる機会もないっていうことに、寂しさと言うか虚しさを感じていたんですよ。


東大女子とは


ー最後に、東大女子のことを知り尽くしているbiscUiTのお二人から高校生へのメッセージをお願いします!


金子、足立:いやいやいや笑


ーハードルあげてますが笑。東大女子ってどういう人だと思いますか?


金子:

biscUiTの中の東大女子は、手前味噌煮になっちゃうんですけど、結構タフでハートウォーミングな、思慮深い部分を持ってる人が多いなって。それは本当に、biscUiTに入ってこういう人たちと出会えてよかったなって思います。


足立:

例外もいると思うんですが、東大女子はいろんな意味で女子であること、女性であることを意識している大学生だと思います。私は高校生の時にジェンダーを授業で扱って、フェミニストの文献を読んだんです。でもその時、何でいちいち女性という視点から物事を見るんだろう、見なくてもいいじゃんって思って。なんで自分から性別に縛られるの? みんな自由に生きればいいのにってすごく思ってて。今もまあ思うけど。でも大学に入って、東大っていうある意味特殊な環境に身を置いて、かつ年齢が上がるとやっぱり将来について考えたりするじゃないですか、キャリアとか結婚とか。そういうのが相まってやっぱり女性であること、女子であることを強く意識するようになる。 フェミニズムに走るとか、キャリアを絶対捨てない、みたいな方向じゃなくて、逆にもっと女性らしさを内包するようになる人もいる......。でも共通していることは女性であることを強く意識しているってことだし、自分のアイデンティティとして持っているっていうこと。それが東大女子かなって思います。


金子:うんうん、たしかにそうだね。


高校生へのメッセージ


足立:でもこれメッセージになってない笑。でも、楽しいよ。東大楽しいよ。


金子:

うん楽しい。それに、いろんなこと、興味のあることに飛びつけるような環境が整っている気もする。それで失敗した時にも、自分で立ち上がるための資源というか、友達とか先生とかもちゃんと整っているって思うし。良い環境だなあとは思う。


足立:

そういう環境が最初だけじゃなくて、続いていくよね。私達も1年生後半からbiscUiTに入ったんですが、2年生になってからも出会いも広がりました。


金子:うん!


足立:

活動も増えるし、やっぱり高校生って、大学に入って最初に出会った人とか最初に入ったコミュニティがそのまま続くような高校みたいな感覚を持ちやすいと思うんですけど、実際全然違う。


金子:どんどん広げていけるよね


足立:

流動的にしたければできるし変えられるっていうのが、大学のいいところかなって思います。


ーありがとうございました!


ー苦労の多い紙面づくりの話も熱心に話してくださり、biscUiTの活動を楽しんでいる様子が伝わってきました!東大の中ではマイノリティになっている「女子」ですが、女子であることの意味、楽しさを考えさせられました。

biscUiTについてもっと知りたい方はこちら!

HP:http://utbiscuit.xxxx.jp http://utbiscuit.xxxx.jp/ <http://utbiscuit.xxxx.jp/ http://utbiscuit.xxxx.jp/>


twitter : @UT_biscUiT


FB : https://www.facebook.com/free.paper.biscuit https://www.facebook.com/free.paper.biscuit <https://www.facebook.com/free.paper.biscuit https://www.facebook.com/free.paper.biscuit>


Instagram:https://www.instagram.com/biscuit.insta/ https://www.instagram.com/biscuit.insta/

39回の閲覧

© 2018 by GIRLS BE. Proudly created with Todai Joshicamp.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Girls Be?とは

​東大を受験する可能性のある女子中高生の皆さんに東大生をより身近に感じてもらい、また受験勉強を少しでもサポートする中高生支援サイトです。
​東大女子のインタビュー・受験体験記から、現役東大生一押しの参考書や東大のイベント情報まで配信中。
​東大女子キャン運営委員会

運営