文学部3年生

最終更新: 2018年6月19日


Kさん

文学部人文学科英米文学専修3年


出身高校:岐阜高校


東大を目指したきっかけ

志望校に畏れ多くて東大とは書けず、なんとなく京大と書いていたのですが、1年の秋に担任の先生に東大を勧められて初めて東大を意識しました。2年の冬に実際に東大のキャンパスを見に来たことで、同時に回った他の大学とは違った雰囲気を感じ、絶対に東大に行きたい!と思いました。


受験勉強について

私は元々数学がとても苦手で、3年間かけてかなり成績を伸ばしたので、その勉強法についてお伝えします。1、2年生の間はチャートやFocusGoldの✳︎2つと✳︎3つの例題の、問題の形と解答の型を覚えることに力を入れました。始めのうちは5分考えて分からなければ答えを見て写し、解法を自分の言葉でまとめていました。この時に、うっかり忘れそうな条件なども注意点として一緒に覚えていました。3年生になってからは、志望大学やセンターの過去問で同じことをしました。ここでは解法を覚えるというよりは、発想の仕方を覚え、ストックしていくという感じです。少し長くなってしまいましたが、本当に効果のあるやり方なので試してみてください!


東大に入って思うこと

勉強について・・・上には上がいるなあ、ということを思います。色々な分野に秀でた人がいて、高校生の時からこんなに学問に興味を持っているんだ、と尊敬します。そうした人たちの中で勉強できるのはとても良い刺激になります。その反面、さぼろうと思えばかなりさぼれてしまうのが大学です。積極的に学ぼうという姿勢で大学を活かせると良いと思います。

驚いたこと・・・意外と変な人がいない!笑 入学直前に某東大方程式の放送があり、変わった人たちの中でやっていけるだろうかと不安になりましたが、東大生だって普通の大学生です。お洒落に遊びに部活、サークル、色々なことを充実させている人でいっぱいでした。


所属サークル:FairWind

地方高校生の進学を応援するサークルで、本郷キャンパスを案内したり、受験のコツをプレゼンしたり、高校生に東大の魅力を伝える企画を1から作ります!地方高校への出張もあります。特徴は、地方出身者が多いこと!全都道府県出身の友達を作ることも夢じゃないかもしれないです。今年は新入生が100人も加入してくれました。先輩後輩ともとっても話しやすい雰囲気で、楽しく活動しています!


未来の東大女子にメッセージ

「東大って女子が少ないらしいけど、大丈夫かな?」「変わった人が多いのかな?」入学前の私が思っていたことです。皆さんも少なからずこうした不安はあるのではないでしょうか。実際に東大女子となってみて、思うこと。おしゃれな東大女子、面白くて楽しい東大女子、頼りになる賢い東大女子、たくさんの素敵な東大女子がいます。友達には困りません。女子率が少ないことで不自由に感じたことはないですし、サークルやクラスによってはほとんど高校と変わらない男女比です。女子率が少ないからこそ、女子同士助け合う気持ちは大きいと言えると思います!東大女子、という名前に圧倒されずにどんどん東大に挑戦してほしいな、と思います。

5回の閲覧

© 2018 by GIRLS BE. Proudly created with Todai Joshicamp.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Girls Be?とは

​東大を受験する可能性のある女子中高生の皆さんに東大生をより身近に感じてもらい、また受験勉強を少しでもサポートする中高生支援サイトです。
​東大女子のインタビュー・受験体験記から、現役東大生一押しの参考書や東大のイベント情報まで配信中。
​東大女子キャン運営委員会

運営